フランス人絵本作家、アラン・グレさんと私の出会い 第2章

 

 

前回の記事の続き、私が一緒にお仕事をさせて頂いているフランス人絵本作家、アラン・グレさんと出会ったきっかけや、『イラストの全世界での独占権』を任せて頂けるまでになったのか、その経緯を綴っています。

 

2003年初秋、「アラングレさんのイラストを使ったカレンダーを作りたい!」という思いを胸に、まずは何をしたら良いのか考えました。

 

当時は、1960~70年代に絵本作家さんとして活躍されたグレさんがおいくつなのか、年齢などの情報も一切なかったため、ご健在かどうかも分からない状況でした。

 

そこでまず、グレさんの教育本を一番多く出版していた「Casterman社」にコンタクトを取りました。

 

Castermanはベルギーの出版社(現在はフランスのFlammarionグループ)。

 

グレさんのイラストを使ったカレンダーを作りたい、ということを話すと、担当者という女性が会って下さるということに。

 

ブリュッセルのオフィスでその話をすると、Casterman社のその女性はとても上機嫌で、「なんとかしてみましょう!」というお話に。

 

グレさんはご健在であることもこの時に分かりました。

 

 

o0800068813588857588

 

 

彼女が調べたグレさんの住所はこの時教えてもらなかったのですが、何気なく彼女は、その一部をポロッと話していました。

後日彼女から連絡をする、ということで待っていたのですが、何日経っても音信不通。

何度かこちらからメールをしてみましたが、反応は一切なし。

 

そこで、こうなったらもう自分たち(当時ビジネスパートナーでもあった元旦那さんと)で探してみよう!ということに。

ネットで住所検索すると、いとも簡単に同名の方の住所が出てきました(笑)ただ、それがあのアラングレさんご本人のものなのかは不明。

「まさか、こんなに簡単に見つかるわけないよね?」と私たち。

 

ですが、私はあのミーティングの際にCasterman社の女性がポロッと口にした単語を覚えていました。

その単語とこの住所の一部が合致!!

 

これはもうグレさんに違いないと、私はせっせと「お手紙作り」に取り掛かりました。

 

グレさんの作品をどれだけ愛しているか。

私の絵本コレクションの一覧をプリントアウトし、さらに手書きのお手紙も添えました。

もちろん、2005年用のカレンダーをぜひとも作りたい!ということも。

 

無事にお手紙がグレさんご本人に届くかどうか・・・

 

書留でグレさん宛てにベルギーからお手紙を送り、待つこと数日。

 

・・・

 

なんと、ALAIN GREEという送信元でメールが届いたのです!!!

 

 

まさかのグレさんご本人からメールでお返事が!?
⇒ 次のブログに続きます。

 

 

 

 

Be the first to comment

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。




CAPTCHA