ベルギーってどこにあるの?ゲントって?

ベルギーの地図

 

 

ベルギーがヨーロッパに位置している、というのは知っていても、実際にどの辺りに位置しているのかは、なかなか知られていないと思います。

 

私も実は、ベルギーに来る少し前まで、位置関係がよく分かっていませんでした(^^;) 当時夢中だったオランダのことは良く知っていたのですが、そのすぐ下にベルギーが位置していたとは全く知らず(汗)


ベルギーの日本語での正式名称は「ベルギー王国」。


今回は、ベルギー、そして私の住む街ゲント(GENT)についてまとめました。

 

 

 

ベルギーってどこにあるの?

 

 

西ヨーロッパに位置するベルギー。

北はオランダ、東はドイツとルクセンブルグ、南はフランスに囲まれています。

海を渡った西側はイギリスです。

 

map-belgium
©OpenStreetMap contributors

 

 

実はベルギーは、北海道よりこんなにも緯度が高いのです。

 

map-belgium2
©OpenStreetMap contributors

 

 

冬はとても寒いですが、雪はそれほど降りません。

 

 

隣国とベルギー間の所要時間(電車)

 

フランス・パリ ⇔ ベルギー・ブリュッセル
約1時間20分(タリス利用

 

イギリス・ロンドン  ⇔ ベルギー・ブリュッセル
約2時間(ユーロスター利用

 

オランダ・アムステルダム ⇔ ベルギー・アントワープ
約1時間10分(タリス利用

※アムステルダム⇔ブリュッセルは約1時間50分

 

 

 

ベルギー王国

 

flagbe

 

ベルギーは日本と比べるととても小さな国です。

 


九州より一回り小さいベルギーの面積

 

30,528km2 (世界136位)

九州の面積が42,190km2なので、九州より一回り小さく、四国より少し大きいサイズになります。

ちなみにオランダの面積は41,526km2で、ベルギーより少し大きく、九州とほぼ同じサイズです。

 

 

ベルギー全人口は東京より少ない

 

1,131万人 (2016年4月のデータ)

オランダの人口は1,700万人(2016年3月のデータ)

東京の人口が1,362万人(2016年7月)ですから、四国より少し大きな土地に、東京全体の人たちが住んでいる、という感覚です。

 

 

3つもあるベルギーの公用語

 

小さな国なのに、ベルギーの公用語は3つに分かれています。

  • オランダ語 (フラマン語) – フランダース地方(ベルギ北部)
  • フランス語 – ブリュッセル・ワロン地方(ベルギー南部)
  • ドイツ語 – 東側ドイツ国境近辺の一部地域(人口の1%未満)

 

フラマン語は、オランダ語とほぼ同じ言語です。オランダのオランダ語よりもやわらかい音で発音します。
ゲント、アントワープ、ブルージュなどはフラマン語で、ベルギー人口の過半数以上を占めます。

 

 

1830年に独立した比較的新しい国

 

ベルギーはスペインを始め、色々な国に占領され続けた国です。独立宣言をしたのは1830年、意外と最近なのです。

 

 

3つに分かれた州

 

州は3つに分かれていて、北部のフランダース地方(フラマン語圏)、南部のワロン地方(フランス語圏+ドイツ語圏)、ブリュッセル首都圏となっています。

 

 

フランダース地方に位置するゲント(GENT)

 

ゲントは首都ブリュッセルから約60km南西に位置しています。

北東にアントワープ(約60km)、西にブルージュ(約50km)と主要都市に囲まれ、オランダとフランスの国境までも車で約30分。

交通の便もとても良い街です。

 

 

map-gent
©OpenStreetMap contributors

 


GENTはフラマン語(オランダ語)表記、英語ではGhent、フランス語ではGandと綴ります。

グーグルではなぜか「ヘント」と日本語で表示されていますが、一般的には「ゲント」です。

 

 

ゲントと主要都市間 電車での所要時間

 

ブリュッセル: 約30分
アントワープ: 約50分
ブルージュ: 約20分

 

 

宮古島サイズのゲントの面積

 

156.18km2

日本の宮古島の面積が159.11km2なので、ほぼ同じサイズですね。

 

 

ゲントの人口

 

約25万人 (2014年1月のデータ)

ゲントには大学があるため、全人口の内約15%が学生という、若い人たちの多い学生の街でもあります。

 

 

最近人気が高まっているゲント

 

ゲントは、東フランダース地方の首都で、ブリュッセル、アントワープに次ぐ第三の商業都市。

 

中世の頃は繊維業で繁栄し、なんと一時は、パリに次ぐヨーロッパ第二の都市にまで発展していました!運河を使い貿易が盛んだったことも理由の一つです。

 

2011年には、Lonely Planetが選ぶホットな街トップ10に選ばれ、世界の街の中から7位を獲得!また、アメリカCNN でも、ゲントはブルージュやアントワープよりも良い街、と報道されています。


さらに、ゲント市長のダニエル・テルモント氏は、2015年、世界のベストメイヤー賞で、なんと2位を獲得!世界中の素晴らしい市長さんの中から2番目に選ばれました。


ゲントがとても住みやすい街なことは確かです。

 

 

ヨーロッパで一番大きなフェスティバルが開かれる街

 

毎年7月に開催されるお祭り、ゲントフェスティバル は、ゲントの街中でコンサートやパフォーマンス、演劇などが繰り広げられ、期間中は毎日、朝から翌朝まで賑やかになります。

 

10日間通して行われるお祭りはヨーロッパで最大とも言われ、毎年200万人が訪れます。


今ではすっかりモダンな音楽と文化のお祭りですが、その歴史はさかのぼること、なんと1843年!170年以上も続いている歴史もあるお祭りなのです。


イギリス、スペイン、ドイツ、オランダ、フランスなど他の国からも大勢が訪れます。

 

 

ベルギーは音楽の国でもあった

 

夏に開催される、Rock Werchter はとても有名な音楽フェスティバル。

TOMORROWLANDPUKKELPOP も毎年大きくなっています。

 

オススメのベルギー音楽イベントはこちらでチェック!

 

 

数年前に撮影したものですが、ビデオを引っ張り出してUPしてみました(笑)


ゲントフェスティバル中にボートに乗ってお祭りの中を遊覧。

フェスティバル中はビールやアイスクリームが無料で付いてくるという特典もあり!

水上から眺めるフェスティバルも楽しくてオススメです!

 

 

ベルギーやゲントに関する記事はこちらに書いています。

 

ご質問などございましたら、お気軽にコメント欄、もしくはお問合わせフォームからどうぞ(^^)

 





 

 

 

 

Be the first to comment

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。




CAPTCHA