オランダ・ベルギーの美味しいコロッケ Kroket

 

日本のコロッケに似た、「クロケット」と呼ばれるお料理が、ベルギー、オランダ、フランスにあります。

中身はジャガイモのみのものもあれば、エビ、ひき肉、チーズなどいろいろ。

ジャガイモだけが入ったクロケットは、お料理の付け合せとして食べられます。

日本のお米のかわりに、ヨーロッパではじゃがいもが主食なのです。

どのクロケットも、日本人の口に合うとても美味しいお料理です。

 

 

日本のコロッケとヨーロッパのクロケット

 

コロッケに似たクロケットは、フランス語でcroquette、オランダ語とフラマン語ではkroketと綴ります。

形は円筒形のものが多く、下の写真は「小エビのコロッケ」、濃厚なエビの味がたまらない一品です。

ほとんどのベルギーのレストランの前菜メニューに載っています。

 

ベルギーのエビコロッケ

 

 

オランダ&ベルギーの定番おつまみ Bitterballen (ビッテルバレン)

 

一口サイズのかわいいおつまみ、Bitterballen(ビッテルバレン)はひき肉がメイン。

小麦粉や卵を混ぜて生地を作るもので、じゃがいもは入っていません。

 

 オランダ料理の一つで、肉料理の辛味が効いたファストフードである。通常は、ミンチやぶつ切りにした牛肉や子牛の肉、牛肉のブイヨン、バター、濃縮した小麦粉および塩をじっくり煮込んで混ぜた物である。たいていのレシピにはナツメグが含まれ、カレー粉をまぶしたり、細かく刻んだ野菜(ニンジン)を加えたりすることもある。
- Wikipediaより

 

ベルギーやオランダのフリッツ屋さん(フライドポテト屋さん)には必ずおいてあり、カフェの軽食メニューに載せているお店を多く見かけます。マスタードを付けて食べるスタイルで、ジャンクフードですが小腹が空いたときなど良いスナック。美味しいです。

 

ベルギーのコロッケ

 

 

オランダのクロケット(コロッケ)自動販売機

 

出来立てのクロケットがアツアツの状態で、このように自販機で売られています。

フリッツ屋さんが近くにある駅や広場においてあることが多く、自販機の周りは、コロッケを食べる人で賑わっています。

お店に並ばずに簡単に買うことが出来るのも便利です。

 

オランダのコロッケ自販機

 

 

日本でも作れるオランダのクロケット、ビッテルバレンのレシピを見つけましたので、ご参考までにどうぞ。

 

 

レストランで食べることが出来る本格的なクロケットから、ジャンクスタイルのクロケットまで種類は様々。

ベルギーやオランダにいらしたら、ぜひ食べてみて下さいね!

チーズのクロケット(コロッケ)も美味しくてオススメです。

 

 

 

 

Be the first to comment

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。




CAPTCHA