きっかけはテレビ。ダメもとで聞いてみる!

 

 

前回のブログ で書きました通り、リコベル と アラングレ さんとの独占契約は、日本ではPLAZA(旧ソニープラザ)さんとの契約(2012年まで)に繋がりました。

 

2003年にグレさんとコンタクトが取れてから、グレさんのイラストを使ったグッズ商品化を常に考えていました。

 

昔からPLAZAさんのお店が大好きで帰国の度に寄っていたのですが、ある時から、「グレさんのグッズが、もしもPLAZAさんのお店に並んだら最高だろうな~」と思い描くようになりました。

 

そして、独占権を取得してまもない頃。

 

ベルギーで何気なくテレビを見ていると、そこで放送されていたのがイギリスBBCの番組。

 

「なんとなくこの構成、見たことあるなぁ」と思っていたら、思い出しました。昔日本で放送されていた「マネーの虎」!

 

この番組のイギリスバージョンでした。

 

現金を、ドーンとテーブルの上に積み上げ、その奥に「投資家」と呼ばれる人たちが座っています。

 

そして、投資をしてしてもらいたい希望者が一人一人、自分たちの商品やビジネスプランを説明するプレゼンテーションを行い、投資家の人たちから厳しい質問攻めにあったり、けなされたりしつつも、稀に投資を受けることが出来る人が現れる、というもの。

 

たまに、「何だこれは!?」という商品やアイディアを堂々とプレゼンする人たちがいて、当然のごとく断られて終わるのですが、それを見たときに、ふと思ったのです。ちょっと失礼ですけど・・・

 

「有名な投資家の人たちを前に、こんなヘンテコなものを堂々と立派にプレゼンしていることがすごい!」と。

 

「私がこれから広げたいと考えているアラングレさんのイラストは、間違いなく素晴らしいものなのだから、思い切ってPLAZAさんにオファーしてみよう!」と思ったのです。

 

どんなものであろうとプレゼンする人たちが登場するこの番組を見て、「オファーするのはタダ!失うものは何もない!」という思いがこみ上げ、そのまますぐにオフィスに向かい、PLAZAさんのウェブサイトをチェックしました。

 

日本語のページ、英語のページと両方読みました。

 

すると英語の方のみに記載されている募集を見つけたのです。

 

当時のPLAZAさんは、バーバパパやスノーマンなど、5~6社のみのキャラクターを取り扱われていました。そのライセンシングを紹介する英語のページに、「私たちは常に新しいものを探しています!」という表記を発見!

 

日本語のページにはその記載は見当たりませんでした。

 

「これは英語でオファーしなければ!」と、英語でメールを書き、グレさんのイラストももちろん添えて、PLAZAさんにオファーしました。

 

待つこと数日。

 

「とても興味があります」とのお返事が!!!

 

正直言って、あのようなメールも、良くあるメールの一部として無視されてしまう可能性が高いと思っていました。

 

なんと言っても、PLAZAさんという、雑貨業界の中でトップの企業様ですから。

 

メールを読むと、担当者の方がパリにいらっしゃるので、その時にお会いしませんか?とのことが。

 

本当に本当に信じられませんでした!!!

 

結果はどうなろうとも、とにかく会って頂ける。

 

このことがとっても嬉しかったのです。

 

今までパリは何度か訪れていましたが、あまり良い思い出がなかったのも事実。

 

ですが、この時だけは、「良いことがあるかも知れない!」と向かいました。

 

そして担当者の方とのミーティング。

 

すでに様々な書類を用意して下さっていて、「これはもしかしたら本当に現実化するのかもしれない」という予感がしました。

 

その後、日本へ戻ってから再度ミーティングをさせて頂き、ここで、確信しました。

 

部署の方が何人もいらして、部長さんもいらっしゃったので、「これだけ揃っていて下さるのなら、このお話は本当に進むのかも知れない。」と感じたのです。

 

その後、何度かやり取りをさせて頂くうちに、完全に話はまとまり、契約締結まで進むことが出来ました。

 

 

o0300030013592157034

 

ag-lc-8007

 

 

アラングレさんのデビューを銀座のPLAZAさんで行って頂き、本当に感動でした。

 

私にとって、アイディアというものは、ひょんなところから降って来る感覚です。

 

ずーっと考えてもなかなかアイディアは浮かばないのですが、それを考えていない、なんでもない時に、ふっと浮かんでくる。

 

そんな感覚です。

 

何がきっかけになるのか本当に分かりません。

 

それが人生を大きく変えるものかも知れません。

 

こういう感覚を常に研ぎ澄ませるためにも、心を開いていることは大切だな、と実感しています。

 

皆さんも、どうか毎日の暮らしを大切にしながら、アイディアが浮かんだ時、そしてそれが「これかも知れない!」と思われた時には、実行に移されてみて下さいね。

 

そこからどんなに素晴らしいことが生まれるか分からないので。

 

「聞くのはタダ」

 

私はいつもこの言葉を心に置いて行動しています。

 

そこから生まれるものが素晴らしいものであるかも知れないから。

 

ダメもとで聞いてみて、その事柄が先へ進まなかったとしても、それは元の場所に戻っただけのこと。

 

でも、聞いてみて、もし少しでも先へ進むことがあったとしたら、それは本当にすごいことです!

 

聞いてみて失うものは何もない。

 

やってみて失うものは何もない。

 

こういうこと、たくさんあると思うのです。

 

まずは何より、自分が行動を起こすことから始まります!

 

 

 

 

Be the first to comment

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。




CAPTCHA