ファイア・アルパカを使ったLINEスタンプの簡単な作り方

line0001

 

 

ファイア・アルパカを使ったLINEスタンプの簡単な作り方・スタンプ申請までの流れをまとめました。下の動画をあわせてご覧下さい。

 

ファイア・アルパカ とは、フリー(無料)でダウンロード出来るお絵かきソフトです。素晴らしい機能が揃っているため、水彩画のようなものからアニメまで、凝ったものも作ることができる非常に優れたツールです。

 

 

LINEスタンプ製作から申請までをまとめた動画

 

 

準備するもの

 

 

LINEスタンプの作り方から申請まで


1. ファイア・アルパカをダウンロードする

Windows、Macどちらも使える優れものです!
http://firealpaca.com

 

2. クリエーターのページでアカウント設定
https://creator.line.me/ja/

 

3. スタンプの「制作ガイドライン」に沿って進める
https://creator.line.me/ja/guideline/

 

line-make1

 

「審査ガイドライン」にも詳細が記されているので、こちらも必読です!
https://creator.line.me/ja/review_guideline/

 

スタンプのサイズは最初から”350 x 300 pixel” (または360 x 310) の大きさでキャンバスを設定して描き、最後にキャンバスを370×320設定する方法が簡単です。

 

 

4. スタンプを作り終えたら 「新規登録」 をクリック

 line-make2

 

 

5. 「表示情報」 を入力後 「スタンプ画像」 からイラストをアップ

line-howto-02

 

 

申請が終わったらあとは結果を待つのみ!

 


 

ちなみに、リジェクトされると、「メッセージセンター」に詳細が届きます。

どのイラストのどこを修正しなければならないのか、はっきりと教えてもらえるので助かります。

例えばこのような感じです(海外からのため返答が英語になってしまっています)。

 

error-01

 


 

 

私のスタンプリジェクト例

 

・ 色の塗り忘れ
イラストの中の色を塗り忘れたため

error-05error-02

 

・ 色の消し忘れ
イラストの周りの白い色や、文字の中の色を消していなかった

error-09

 

・ 「ゆるキャラ」という単語
ゆるキャラという単語は商標登録されているらしく、使ってはいけないのだそうです!
ゆるい、という単語に変更したらOKでした。

 

・ エッフェル塔、もしくはフランスの国旗
どちらか不明なのですが、エッフェル塔の上にフランスの国旗が付いた絵が、「著作権にひっかかる」という理由でリジェクトになりました。

error-08

 

 


 

ファイアアルパカはフリーのソフトで、素晴らしい機能がたくさん付いています。

上記説明のようにLINEスタンプも簡単に作れますので、ぜひ色々なスタンプを作って楽しんでみてくださいね!

 

linelist

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

 

Be the first to comment

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。




CAPTCHA