フランス人絵本作家 アラン・グレさんとの出会い (5/5)

ALAIN GREE RICOBEL

 

アラン・グレさんとの出会い<第4章>  の続き、いよいよ独占権を得るまでの最終章です。

 

前の記事に書いた通り、あの時点では “イラストの使用権” はオープンな状況で、グレさんの許可さえあれば誰でもイラストを使った商品展開や出版が出来る状態にありました。

2004年にグレさんと一緒にカレンダーを制作した後、『彼の愛らしいイラストを今以上にたくさんの人たちに広めたい!』『そのために何が出来るだろう?』とアイディア探しをしながら、出来上がったカレンダーの販売をしたり、グレさんを紹介する記事をブログで書いたり、昔の絵本を見つけては販売したりする日々が続いていました。

 

そんな2005年のある日。

「アラン・グレさんのイラストを使った絵本を日本で出版したいのですが、窓口はこちらですか?」

とリコベル宛てにお問合せのメールが届いたのです。

確かにグレさんとの繋がりはあるので “窓口” になることは可能でしたが、イラストの使用権はオープン状態であったため、私が窓口になる “必要” はありませんでした。

 

でもここで運良く私の直感が働いたのです。

「今すぐにイラストの権利をおさえるべきだ!」と。

 

出版社さんからの問合せがなかったら、『独占契約をする』という発想は浮かばなかったかも知れません。

この時もイラストを使用したグッズの展開は考えていましたが、その都度グレさんと契約をすればよいと思っていましたから。

 

あのお問合せメールのお陰で、私は “独占権を確保する” ことに気付くことが出来たのです。メールを下さった方には今でもとても感謝しています。

 

グレさんにこのことをすぐに伝えました。

日本の出版社がグレさんのイラストを使って再度絵本を出版したいと話していること。そして、グレさんの素晴らしいイラストを再び全世界の人たちに広めるためにも、リコベルで独占権を保有したいと。

 

グレさんからのお返事は・・・

快く “OK” !

 

私が一番最初にグレさんにコンタクトを取った人物だったことが特に大きいポイントで、「一番最初に、自分が忘れていた昔のイラストに再度気付かせてくれたのはノリコだった。だからノリコと一緒に仕事がしたいんだ」とおっしゃって下さいました。本当に本当にありがたく、そしてラッキーでした。

こうして、2006年にアラングレさんのイラストに関する全世界の独占契約を締結。

同じ年、出版社さんからの絵本の出版が決まり、2006年と2007年に合計4タイトルの絵本を出して頂きました。その内3タイトル(みつばちのシドニー、きんぎょのシブレット、ひよこのミラベル)は私が『おおせこのりこ』の名前で翻訳しています。

o0640048013590349477

 

2006年は、PLAZA(旧ソニープラザ)さんとの契約が決まった年でもあります(契約は2012年まで)。

PLAZAさんにオファーをしよう、と思ったきっかけもひょんなことからでした。

この話は、『きっかけはテレビ。ダメもとで聞いてみる』 の記事でご紹介していますのでぜひ読んでみて下さいね!

 

アラングレさん、奥様のモニークさんと一緒に。

グレさんと奥様は本当に仲が良く素晴らしいご夫婦です♪

o04800360135888734492

 

こちらの記事も合わせてご覧ください(^^)

 





 アラン・グレさんとの出会い 第1章

 アラン・グレさんとの出会い 第2章

 アラン・グレさんとの出会い 第3章

 アラン・グレさんとの出会い 第4章